vol.125 近江の幕末維新

特集 近江の幕末維新 2015年7月発行


■巻頭エッセイ
「井伊直弼と仏道 −福田寺・大通寺とのゆかり−」
    京都女子大学文学部教授 母利美和

■特集 近江の幕末維新

年表と相関図
総論 湖北の幕末を左右した彦根藩主と家老 
     井伊直弼と岡本黄石
       長浜市長浜城歴史博物館 館長 太田浩司
直弼は大通寺の住職になっていたかもしれなかった /ひのえ
ありのままに生きた直弼のブレーン 長野主膳 /メイ
明治時代を生き延びた新選組志士 近藤芳助 /ひろ
天狗党の足跡を訪ねて 敦賀に倒れた水戸の烈士たち /椙村
時代の狭間で翻弄された若き郷士たち 赤報隊 /はな
救国訴え湖北を奔走した勤王の志士 三上藤川 /千
初代岩鼻県知事に就任 大音龍太郎 /ひろ
勤王の志士を支援した 江馬天江 /西岳人
後鳥羽神社に書を寄進した勝海舟 /メイ
そのほかの人物 /メイ
 

湖北史話-1見落とされた幕末「志士」板倉筑前介(淡海槐堂)
湖北史話-2池田屋にいた確実な「志士」西川耕蔵
    中村武生(歴史地理史学者)

明治4年の郡上の仇討  /西岳人
あやしい取材班 幕末の京を歩く
 京のまちなかに湖北出身兄弟志士の足跡 /メイ

コラム 
 幕末救済エピソード
田川の治水に直弼あり
彦根藩士を救った浅見又蔵
 そのころの湖北1 明治初期の湖上交通
 そのころの湖北2 安政5年建立の道標

湖北文化財通信
   賊を撃退した下坂家の薙刀について
     長浜市長浜城歴史博物館 学芸員 森岡榮一
カラーグラビア
  維新に生きた人たちの筆跡

■ 定番&ときどき定番
湖北野鳥散歩81(最終章)
 「三島池は湖国野鳥保護の発着池(その3)」口分田政博
やさしいネイチャーウォッチング62
 「水清ければ魚棲(す)まず 〜なぜ余呉湖や琵琶湖の魚は減ってきたのか〜」
      滋賀県生物環境アドバイザー 村上宣雄
湖北は可笑しな言葉かり66
 「まぜごと」みわのぶひこ
淡海の宝箱 〜湖岸で見つけた宝物たち〜24
 「こだわりの魚」
   湖北野鳥センター 植田潤
ごきげん湖北暮らし29
 「長浜から全国へ! ヘアカラー専門店 髪染本舗」
   永尾公基 (店舗部門統括マネージャー)

■ お店や企業のページ
大塚産業対談シリーズ113
  生まれ変わる長浜駅前
 “門”をくぐってまちなかへ
 ゲスト 夏原平和さん(株式会社平和堂 代表取締役社長)
 ホスト 大塚敬一郎(大塚産業マテリアル(株)代表取締役社長)
黒壁  黒壁スクエア散策マップ 黒壁体験教室
長浜み〜な協会会員一覧
 
■ プレゼント&まちの話題
読者プレゼント
み〜なくらぶ  
  おたよりありがとう/編集室に響くカルムの音!
ブックボックス 
バックナンバーのご案内
行ってみ〜なマップ
編集後記

表紙の写真/「桜田事変絵巻」(駕篭襲撃部分)(彦根城博物館所蔵)
  • 480円(内税)

型番 125